【大曲の花火】2022年

大曲の花火なんて,いつぶりだろうか。大学生の時は部活で毎年河川敷にブルーシートを敷いて飲んだくれたものだ。駅へ向かう人が多すぎてもう行く気も失せていたが,いつからだろうか,入場券がないと河川敷まで行くこともできない。

国道で向かったが,特に渋滞することもなくスムーズについた。花火は18:45くらいからだっただろうか。17時頃着いたのだが,普通の有料駐車場など空いているわけがなかった。普通の敷地も3000円で駐車場になっている。

予約制の有料駐車場などはネットなどから事前に予約できるらしいが,無料駐車場は大曲球場になっている。この大曲球場は広いので停められない心配などないだろうが・・・ないだろうが・・・

会場から5kmほど歩かなくてはいけない。シャトルバスが出ているわけでもないし,タクシーで向かうわけにもいかない。行きも帰りも1時間かけて歩きました。

ゆっくり向かったので途中から花火が始まる。目当ての大会提供は20:45頃の予定だったのでそれだけ見られればよいのであるが,

大雨の中,橋を渡って河川敷を目指すが,会場には入場券がなくては入れないようだ。橋からの眺めもよさそうなのであるが,全て黒い網で目隠しされている。

大雨の中,とりあえずビールをいただく。

会場へ向かう真ん中の道が広くて花火を見るにもいい場所なのだが,道の真ん中に立って見ていると注意を受ける。もう,入場券が必要になってから大曲の花火は地元の人もダメだというが,本当に昔の気分は今はもうない。

飲み屋の方に向かって丸子橋あたりから眺める

建物をバックに大きな花火が咲くが,やはり迫力はさっきのほうがあったな。

やっぱり大会提供はよかった。とりあえず,お目当ての飲みへ。

【ビストロノモカ】



いつも通り、ちょこちょこと、ポテサラ、卵、煮物なんかが出てきて、冷え冷えのビールで乾杯する。



あったかいご飯と味噌汁が、冷えた身体には最高だったりする。



いつもは早めに出てくるオサレサラダは、最後に出てきた。



今日も飲める日本酒を並べていただき、やっぱり秀よしが旨かった。



飲み屋から駐車場までは7㎞、歩きました。

なぜか喉が潰れて、ライブでは声が出ませんでしたとさ。
この1ヶ月で体重は変わらないのに、体脂肪率は13.8%から12.5%へ。なんだか恐ろしい身体の変化である。

〆ラーはディープなお店でいただくことに。

懐かしい,紫色。年季の入る店内も,よく続くものだ。Qちゃんラーメンはやっていなかったけど,とある感染症にかかったとか?

前回は定番の味噌をいただいたので,醤油バターにした。もろこしとひき肉がたっぷり。バターが溶けてデロンデロン。あぁ,〆にぴったりのラーメンだなぁ。

7km・・・ゆったり帰る。途中にはまだ車が走っている。コンビニのトイレは使えないし,ところどころある仮設トイレは悲惨な状況である。

ここまでして車中泊をするくらいであれば,酒を飲んで終電を待っていたほうがよかろう。

今度は来るなら入場券を買ったほうがよさそうだ。入場券を持たないなら大曲花火など見なくてもよさそうだ。

20220827

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。