【S’ACCAPAU】西麻布のクリエイティブ・イタリアン サッカパウ

久しぶりの東京。ここは六本木というよりは麻布あたりだろうか。以前イタリアンだかを食べに決た以来。

大学の同期と集まり、予約もお願いした。ペアリングもあるが、単品で頼んで、1人24000円くらい。

地下に降りると、カウンターもあるが、テーブルにて。

乾杯のクラフトビールはその時にある缶ビール、¥1650。

アミューズが最中、マカロン、フォアグラのテリーヌ、お米のチップス、ペンネ、ゴルゴンゾーラ


桜鱒の燻製など、見た目にも面白いものがずらっと並ぶ。みんなパクパク食べるのであまり味わう暇もありませんでしたが、こっからもう全てにおいて見た目が面白いっていう。

一応、クリエイティブイタリアン、って書いてある。

煮干しの粉末で魚の形をしたクッキーが添えられ、ヒラマサのブロックには、リコッタチーズ、キャビアなどが添えられ、フェンネルを液体窒素で凍結したものをサラサラと流し込む。

小さなハンバーガーにはラム肉が使われ、クミンが香る。

ロングパスタにはイワシ、アンチョビ。

ビール缶が大きくてようやくワインにたどり着きましたが、イタリアンなのにフランス?と思ったらナチュールメインのようで、重めの赤はないようでした。


一杯目からローヌのメルロー。

…ワイン提供の際になぜか水のグラスを持っていかれ、その後他の人にはおかわりしているのに、結局最後まで水を持ってきてくれることはありませんでした。

ワタリガニのリゾットにはココナッツソースが散りばめられる。さらには海老がたっぷり…乗せられるのは苦手なので避けてもらいました。

ここからお魚は生きた鮎を見せていただき、

これを今から調理…ではなく、流石にもう別の鮎を調理されていたようです。

きれいに立つ鮎にはセモリナ粉を使ったサクッとした揚げ上がりで影のようなものは鮎と茄子を使った苦味を感じるソース。

メインは…なんだったっけ。話に夢中で忘れましたが。

これを今から切ってきます・・・

鳩かな

デザートについで

茶菓子、そしてハーブティ。

見た目も素晴らしいものばかりで、味わいも様々、流石クリエイティブでした。

盛り上がってきたのでカラオケへ~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です