【ニテコ名水庵】夏はやっぱり冷やしソーメン

あーん、暇だなぁ。と言うと、18時に仕事終わったら湯沢絵どうろうに行くと言う呑兵衛。竿燈3連続しようとしていましたが、祭り制覇のため湯沢へ。

湯沢の絵どうろうを楽しみまくりました。

絵どうろうを見ながら飲み、とある店で飲み、行きつけで二郎系を食べ、その後も一見で断られ、二軒飲み歩き、湯沢の呑兵衛と合流し、3時まで飲み明かした翌日。

具合が悪い中、1人では行けない場所といって、流しソーメンへ誘っていく。

こっちの建物はリニューアルしてカフェになったようです。

こっちは建物違うし、ニテコ名水庵のままだろうか。

以前はカフェだった建物のほうで美郷たぬ中を食べ、鯉に恋はまだしてませんが、

駐車場はほぼいっぱいでしたが、ギリギリセーフ。てかぐるっと回れば広い駐車場があるようです。めっちや人いると思ったら名水を眺める観光の人。

カフェの奥が流しソーメン会場で、オープンドンで行ったら、ギリ入れました。流しソーメン用の卓。こんなの売ってるのかしら。

ニテコ炭酸水でツユを割ったりするオプションもあったり、天婦羅もあるようですが、

【流しそうめん】¥990
薬味が置かれ。ネギは彼にたくし、漬け物をボリボリ、煮物みたいなものをつまみ、

ランプがついたら流れてきます。

しばし待つと…
あぁソーメンの塊。名水が流れているんでしょうか、グルグルと流れて~

いかない(笑)ソーメンはソヨソヨと泳いでいますが、中々流れていかないので、こちらから迎えに行ってあげますよ。

最終的にはつまります(笑)

実家じゃないとソーメン食べる機会がないので、いい夏の思い出となりました。

美郷といえば、たぬ中

2019/6/1

とある休日、通りがかりの美郷でランチ。

思いきってドアを開けると、流しソーメンがセットされています。
流しソーメンですか?→違います。と答えると、普通の食事は隣から入るんだそう。

11時オープン時はどちらもノーゲス。


名水を使った豆腐や、鯉料理も名物なんでしょうが、食べたかったのは美郷たぬ中!

【美郷満喫セット】
美郷たぬ中、美郷まんま、そしてニテコサイダーの満足セット!



待っている間に喉を潤すニテコサイダー



覆い尽くされたタヌキ、やっぱ旨いですねー


この時はまだ、夜中にもタヌキを食べることを知らない…
まんまは牛が染み込んでいますが、牛は1枚のみ。



うーん、どちらも昔ながらの優しい味わいですねぇ。



鯉料理食べたかった!!

帰りはニテコ清水を眺めて~

夜に食べたのはたちそばのおばけそばでした・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。