佐渡金山の宗太夫坑 人形を眺める

佐渡と言ったら金山!ちっちゃいときにも来たのか。金が好きです。採掘の様子をリアルな人形で紹介しています。

広い駐車場に停め

入口の前に立つと,寒い風が吹いてくる

10℃らしい,長袖が必要です。かと言って,外は厚いので半袖も必要です。

せっかくだからどっちも。1400円

まずはこっちね,と案内され進んでいく。

【水上輪と樋引人足】

長さ3m,直径30cmの螺旋状の筒で,排水するらしい。

【山留普請】

岩盤に亀裂が出来たり,地盤が柔らかくなったところを支柱を施す。

なんでこんなに難しい漢字が多いの?

【穿子たちの出入り改め】

人や物資の出入りを検問

【排水・通気・証明】

汲み上げた水を掛樋で坑外に排水。

【金穿大工の生活】

〇〇に会いたいなぁ,などと口ずさむ人たち。結構金もらえるらしい。

【水替人足と無宿人】

坑内が深くなると,水が掻き出せなくなり,人力となったようだ。無宿人を次々と使ったようだ。

【炭鉱坑道】

鉱脈を探るための坑道。

【採掘作業】

【測量法と間切攻め】

長さ,幅,高さを決め,工程を立て,掘り進んだ炭鉱坑道

ひょうきんなお顔

ところどころ,炭鉱坑道がある

【やわらぎ】

ブレた。背後の鉱脈を見つけ,祝っている。山の神の心を和らげ,鉱脈が軟らかくなることを願っている。ゆっくり歌っているので・・・あまりに長く全てを聞けなかった。

ようやく外!

にも人形がいます。

博物館へ!

続く・・・

佐渡金山の宗太夫坑 人形を眺める” に対して2件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

大曲飲み歩き