皮膚科の学校感染症

夏になって学校感染症も多くなってくるかもしれない。水いぼを全部とらなきゃプールに入れない,ってわけじゃないのに禁止する場所が多いんだよなぁ。


(1)第一種学校感染症

(2)第二種学校感染症

(i)麻疹

解熱後3日を経過するまで出席停止

(ii)風疹

飛沫感染。発疹が消失するまで出席停止。

(iii)水痘

空気感染,飛沫感染,接触感染。すべての発疹が痂皮化するまで出席停止。水疱は5~10日で痂皮化。

(iv)結核

2005年4月,結核予防法が改正され生後12カ月未満にBCG接種

(3)第三種学校感染症

(4)その他の感染症

(i) 溶連菌感染症

(ii) 伝染性紅斑

パピローマウイルスB19が原因。発疹が出現した時はすでにウイルス血症がピークを過ぎているので出席停止にならない。

(iii) EBウイルス感染症

(iv) 単純ヘルペスウイルス感染症

接触感染なのでマスクや包帯で被覆可能であれば登校・登園可能。

(v) 帯状疱疹

(vi) 手足口病

CoxA16やEntero71が多い。主に飛沫感染だが,糞便中のウイルスにより経口感染もある。水疱が乾燥しても糞便中にウイルスが2~4週間排出されるため急性期のみの出席停止は無意味。

(vii) 伝染性膿痂疹(とびひ)

膿痂疹の部分が被覆できれば出席可能。

(viii) 伝染性軟属腫

タオル・ビート板・浮き輪・水着などを介して間接感染する。必ずしもプールを禁止する必要はない。

(ix) アタマジラミ

(x) 疥癬

(xi) 皮膚真菌症

(xii) 尋常性疣贅



ワクチン接種についても考えたかったけど,めんどい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です