小樽を運河のナイトクルーズ,寿司,仮装で満喫【北海道2】

北海道2日目は小樽。旨い寿司を食べ,仮装して写真撮ったり,小樽を歩くのは楽しいし,運河は気持ちいいし,夜の運河をナイトクーズして,屋台村で鶏肉を食べて,レンガ村で飲んで,ホテルのバーで〆・・・ずにラーメンを食べに行くという・・・なんでこんな楽しい時代があったのだろうか。

腰をわずらい,首をわずらい,コロナでどこにも行けずに鬱鬱と過ごす日々よ・・・終われ。

8:00 ホテルモントレにて起床

9:00 朝食(ホテルブッフェ)

じゃがいも,コーンなど北海道の名産もあり。

11:00 チェックアウト

・駐車代 1500yen

高速道路で小樽へ

12:10 すし耕

北海道といったら寿司でしょ。開店とほぼ同時にいったが,2席待ち。

・セット 3300yen 

 北海道の10種のネタ。シャコといい,凄いネタの数々。流石北海道。

・小樽ビールとジュースも頼んじゃおう。

いやぁ,小樽運河はいいね。

ぶらぶら散歩してとりあえずチェックイン

13:48【オーセントホテル】

14:30 ヴェネツィア美術館

最初はヴェネツィア硝子のショップが広がる。高い。

割引で600yenの入場料を払って2階へ上ると,客がいない。

仮装して写真を撮る。写真も撮り放題だったしなかなかよかったが,ドレスは高いね。

・カーニバル500yen,ドレス2000yen,写真 700yen

結構時間を使ってしまい,ぐるっと貴族たちの部屋などを観る。鏡とか,ペーパーウェイトとか多いとか古いとか。

ゴンドラとか,虫の硝子とか,いろいろあるけど撮影禁止。

5階ではcafeがあり,貴族の大好物のチョコラータとビスコッティ,俺はイタリアンビールをいただく。

うーん,イタリアーン。

結構時間かかってしまった。

【leTao】

るたお。このときは知らなかったが有名だね。フロマージュが2層のチーズからできているところには惹かれました。入口で試食をちょっぴり食べて,色々お土産買った。季節限定ナイアガラのチョコも試食したけどすっごーいおいしかった。他にもるたおはいっぱいあるし,硝子屋も同じのがいっぱい。六花亭とかお菓子ももっとみたかったが時間がないので,硝子に集中。

ぶらぶら歩くのが小樽の楽しいところ。

北一プラザ

・ワイングラス 4900円(1つ)曲線が素晴らしいワイングラスです。飾りたい。

ものすごい時間を費やしてしまった。

時計台のある観光地の風景って素敵。

そろそろ夕食♪

屋台村

鳥の半身揚げが本当は食べたかったんだけど,まだ食べてないし,ざんぎを食べました。10分待ったけど,まじでうまい。やけどした。暗かったので割愛!

夜の運河

 写真をとって,歩いていくと。乗船場に行きつく。今日は予定で満席だって・・・

一応話しかけてみると,なーんとキャンセルがあったためOKとのこと。いやぁラッキーでした。

散策しながら時間を待ち,

19:10 ナイトクルーズ1500yen

40分間の船長さんのお話を聞きながらぐるっと回ってくる。街灯きれいだし,倉庫のお話とかしてくれるし,橋の下くぐるときプーってやるし,港にも出るし,古い船も見えるし。写真撮ってくれるし,よいね!絶対夜がオススメ。

やっぱり船から見る倉庫がいい。

普段見れない姿も船の醍醐味。

レンガ横丁

 二大屋台村のもうひとつのほうに行ってみるが,なんだから常連さんばかりのようでどこかはいりにくい雰囲気がある。

ワインカフェ バイン

 最初にナイアガラであまーい気持ち,焼カレー,じゃがいもなどを食べ,赤ワインを挟んでナイアガラのデザートワイン。真理はぶどうジュースを頼んだけどお酒のナイアガラの方が甘くておいしかった。

料金も値頃で店内の雰囲気,料理,どれもよかった。

次はどこでたべようかなーって思っていたんだが,ホテルの無料チケットがあるので使うことに。

【オーセントホテル】

最上階のバーではカウンターの人たちは盛り上がっている。ジャズかかってるし,ピアノあるしオシャレ-。

チケットでマンゴーオレンジとオリジナルカクテル(ざくろ,オレンジ?),さらにおまけのチーズ盛り合わせをいただく。

ちょっと物足りないのでゴッドファーザーを〆にぐいっと。

なんか,微妙におなかが満たされない感じがあります。よし,ラーメン食べよう。

繁華街を抜けると,まったく予想していなかったにぼしのラーメン屋。入りまーす。

食券を買って,俺はあぶらそば,混ぜ混ぜしてずるずる,うん,こい!うんこい!飯突っ込んで食べ終わり。

おなかがいっぱいになって帰ります。

25時頃 就寝です。

20170818 北海道day2