【浅草】ホッピー通りで夜も朝も飲み,浅草今半ですき焼き丼

2017年,初めての浅草食べ歩きから・・・

日暮里ビアバー巡りを終え・・・

歩いて浅草へ。でっかい提灯を越え,

夜の静かな仲見世通りを歩いていく。ライトアップがこれまた美しい。

夜の浅草寺を一応見ておくが,

もちろんお目当てはホッピー通りでの飲み。

【浩司】

10時頃閉店する店も多いがまだまだ活気に満ちている。若い人が多いので、カウンターでしっぽり1人飲みもきつそうなんですが。

昔来たことがあるこちら、秋田のポスターが貼ってある。L.O.22:20だったか。まだまだ行けそうだ。

定番の牛スジ煮込み、ホッピーを頼む。

せっかくのホッピー通りですから,ここはやっぱりホッピーでしょう。ホッピーで割って飲み干し,ナカをお代わりする。ソトは2.5杯分,なんて聞いたこともあるが,もうお酒が限界なんで,2杯で飲むように調節。

ビアバー巡りを終えてもまだ飲み続ける。漬け物、冷やしトマトとおっちゃんの飲み方である。

それにしても秋田のものはない。

それでもやっぱり酒と牛スジは旨い。焼おにぎりを〆にいただき、浅草の夜を終える。

本日の宿は激安だったこちら・・・だけどもう泊まらなくていいや。

【カオサンワールド浅草】

2000円くらいで立地もよく激安だったが、流石にもう泊まらなくていいかな。8人程度が一緒のドミトリー、カーテンはシーツで自作しなくてはならない。長期滞在してるような大荷物を持った人も。


朝目を覚まし,やることもない。もう一度昼の浅草を堪能しよう。

朝の浅草は静かなものだ。朝だからか,平日だからか。2017年と比べると果てしない。

あれほどまでに賑わっていたホッピー通りも,朝は静かである。

10:25 なんつって・・・10時からホッピー通りでは始まる店がある。

【ととや】

・飲み代 ¥1991

やっぱりボクには飲むしかない。

昨夜行き着いたホッピー通り、朝10時からやってる店は二軒くらいある。魚が旨そう、呼び込みしている。そのうちポツポツと、1人飲みも集まってくる。外で飲みたかったが、中が禁煙のようだ。まぁ別に喫煙でもよかったんだが。

朝一発目はビールにしておこう。

刺し身、焼魚、揚げ物など、色々揃うが魚が旨そうである。

しかし魚料理というとどれも1000円くらい。ちょい飲みには少々高いので一品、一杯で帰ることにしよう。

お通し 炙り明太をつまみつつ、頭上にあるテレビを眺める。

【本日の鮮魚】¥968
本日は石鯛とのこと。

11:00 一杯やる頃,食べ歩きの店もオープンし始めるが,舟和のあんこ玉が食べたいのだが,これは食べ歩く感じでもない。それでは本店でいただくことにしよう。

【舟和 本店】

10:30オープンなのでホッピー通りで時間を潰し、酔っ払いをバレないように何食わぬ顔で入店する。エレベーターなどで2階へ上がり、窓際のカウンターで1人。

テイクアウトでは芋のソフトクリームが人気のようです。珈琲も飲みたいとこですが、やっぱ和菓子には抹茶のセットでしょう。

あんこ玉と抹茶のセット、あと芋ようかんも人気のようで、せっかくなので焼きにしました。

久しぶりにいただくマッチョ。緑のおマッチョが和菓子に合いますね。

あんこ玉は、滑かなアンコでコーティングされ、なんか不思議~な食感。味は六個から選べます。小豆と珈琲。

焼き芋ようかんはまさにスイートポテト。あんまり羊羮っぽい感じでもないですね。イマドキの和菓子か。

11:50 なんとなく,今半に行きたくなったよ。以前大船で働いているときに今半のお弁当を食べたことがある。あぁ有名な店なんだなって感じ。

【浅草今半 国際通り本店】

しゃぶしゃぶは高いけど、ランチならリーズナブルな丼もある。

一階から入ると、靴を脱いでエレベーターで上へ向かう。…サンダルで来てすみません。東京にはサンダルで歩いてるような田舎ものはいませんでした。

着物を着た女将さんが出迎えてくれて、畳の席へ。

とりあえずビールと


【明治すき焼き丼】¥2530


1人ですき焼きは流石に出来ないけど、これなら気軽に行けます。

びろびろのすき焼き。豆腐、卵と、ご飯にはすき焼きのタレが染み渡る。

まさにこの一杯にすき焼きが詰まっている。

神戸牛御膳などは¥27500、口内炎に染みる赤味噌の味噌汁が美味しい・・・

やることもないので鎌倉に向かうことにしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です