【川原毛地獄】秋田県湯沢市 硫黄噴き出す真っ白な地獄を,大湯滝まで冒険した

青森の恐山,富山の立山と並ぶ,日本三大霊地のひとつ。

所要時間 1時間15分~1時間半

真っ白な山肌から火山ガスが噴き出す。夏は天然温泉として浸かれる,大湯滝まで冒険した。

本当に手前にも駐車場がありますが,少し離れたところにトイレもある駐車場。それほど歩かない。

【アクセス】

秋の宮温泉郷から向かう場合は時々すれ違うのが大変な山道を15分ほど

全く色の違う,白色の山と,湖も見える。

こっから始まり。有毒ガスが発生しているのでこっちは通行止め。

硫黄が噴き出す岩肌。昔はこの上も登れたんだけどなぁ。

広場までは0.7km,大湯滝までさらに0.5km

露出した岩肌から黄色の硫黄が噴き出す

どこまでも続く道

ベンチに座ってこの光景を見ながら休んで

どんどん進むと堤防らしき場所

広場まで来ました。やや小走りで15分。

大湯滝まで,まだまだ冒険は続く。

なんとpH 1.41です。

森林を抜けつつ,

橋で川を越え,

【大湯滝】

滝に至る。天然温泉となっていますが,入れるのは7月中旬から。水着着用。9月中旬も適温だった。

広場からは早歩きで10分ほど。片道合計30分ほど。ゆっくり浸かったときは合計1時間半。

滝壺の右側から滝に近づけるが足元は悪い。

こぼれ落ちる滝もなかなかの絶景

温泉らしい緑の湯。

素晴らしい冒険でした。

20200530 コロナのため泥湯には行けなかった。

20210919 ようやく泥湯へ向かうことができた!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です