鶴ヶ城と十文字屋の本当にバカでかいソースカツ丼【福島旅・後編】

会津若松飲みの翌日,鶴ヶ城へ行き,バカでかいソースカツ丼を食べ帰路へ。

9:30 出発

会津若松といえば,鶴ヶ城へ向かう。案内がわかりにくいのだが、南口駐車場へ,2時間300円。

【鶴ヶ城】

1593年に天守閣が完成,戊辰戦争を終え,1874年に取り壊された。1965年に再建。会津藩主の松平容保が戊辰戦争で降伏。VR幕末の会津若松というシアターがある。

周囲のお堀には緑が広がり,趣を感じる。

無料エリアからも鶴ヶ城を眺めることができる。白と黒のキリっとした建物。

・入場料 510円

せっかくなので天守閣へ向かう。

天守閣からの眺め

なかなか開放感のある眺めだ。

茶室,というか庭園にも入場できる。

庭園からも鶴ヶ城を眺めることができる。御抹茶をいただくこともできるようだ。

うん,やはり城はいいなぁ。

11:27 福島会津グルメといえば,ソースカツ丼

移転していた

【十文字屋】

なぜか巨大な観音を仰ぎ見ることができる大駐車場。こちらはバカでかいソースカツが名物。

4組、20分待ち

【喜多方ラーメン】700円

福島名物といえば喜多方ラーメンもある。太めの縮れの麺といい,スープの旨味といい,アッサリなのになんでこんなに旨いんだ。

【磐梯かつ丼】1200円

おいおい,これは・・・本当に馬鹿でかい。

この分厚さ,正直2枚で丁度よかったです。

懐かしの道の駅へ

【道の駅ばんだい】

バンダイにちなんで、BANDAIのおもちゃ、そして大きなガンダムが置いてある

19:00 自宅へ到着

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

【会津若松飲み】まとめ

次の記事

2018年9月 福島旅