【新玉川温泉】日本一の強酸に宿泊

連休の1週間前に予約したので17時以降のレイトチェックインプランしかありませんでした。

【フロント】

受付はスムーズ。レイトチェックインのため夕食は遅めの19:30になりました。フロント近くで貸切風呂や岩盤浴の予約も受け付けている。18:00~18:50で岩盤浴の予約ができた。ジャージなどを持参することもできるが,作務衣,タオルは600円でレンタルできるのでレンタルしたほうがよいだろう。

【部屋】ツイン

ベッドが狭くあまりゴロゴロできない。

お茶菓子が旨い。

岩盤浴まで少し時間があったので,ロビーにて,

田沢湖ビールを飲む。湖畔の杜ビールはなかった。

宿泊者専用の岩盤浴。ゴザの上で横になるのは玉川温泉で見ましたが,こちらは岩盤浴に近いのできれい。タオルの上に寝たくなりますが,案内を読めばゴザの上に横になって,保温効果を高めるためにそこからタオルをかぶるらしい。一番低い温度の場所でゆっくりしようとしましたが,なかなか熱い。ちょっと時間がないので40分程度であがりました~

玉川温泉は以前日帰りで利用しましたが,同じ泉質の新玉川温泉。pH 1.13だっけか。物凄い酸でピリピリするのでまずは50%の薄い湯に浸かる。玉川温泉と比べて木造りで風情はありますがきれいな浴場。水風呂はないので,シャワーを浴びるか,露天で少し涼むか。露天は20%くらいに薄めてあるんだったか,それでも少しピリピリとする。温泉地に咲く植物を眺めながら湯に浸かる。

テラスみたいな場所もあるので外気に触れ休んでみる。

19:30

【夕食】

温泉らしい和食膳はなく,ビュッフェのみ。

ししゃものマリネ,刺身,温野菜などをとりつつ,いぶりがっこ,梅干しで食欲増進を狙う。トウモロコシの横,緑の山菜饅頭だかがもう,不思議な味であった。オープンキッチンで鶏肉の炭火焼を焼いている。

ビールを飲み終わってから,十和田ワインを頼む。小坂のワインもあったけど。こっちは山ブドウらしく,フルーティーな香りだけど,少し果実味は多くない。辛くもなく飲みやすい。

〆は,オープンキッチンのきりたんぽ鍋,じゅんさいと稲庭うどん,炊き込みご飯をしょっつるの茶漬けにして,鶏肉をおかわり。

デザートはケーキとプリン,フルーツに・・・お肉盛り合わせ。旅館の和食であれば2時間くらいゆっくりするが,やはりビュッフェだと1時間ちょっとしか持たない。終わり際の8:30にはほとんど料理がなくなっており,19時半がぎりぎりだろうな。

散策して図書室が凄そうだけど,思ったより少なかった。地下にはカラオケや卓球もあるがコロナで営業していない。

食後にはもう一度入浴したいところだけど,飲酒したし,ゆったりと眠る。

翌朝もビュッフェ。混んでいると言われましたが,本当に混んでいた。8時頃にはもうごった返し。

オープンキッチンではスクランブルエッグとサバ焼き。ウインナーやベーコン,煮魚,筑前煮などもあります。卵料理は温泉卵も。

はい,贅沢な主食はカレーに納豆,とろろにとんぶり。ご飯は玄米になります。めちゃうめぇ。

ご飯,スクランブルエッグをお代わりして。

ドリンクが嬉しいスムージーとバナナミルク。めちゃうめぇ。

玉川温泉の酸が凄いのでよかったけど,やっぱりビュッフェは微妙。温泉山岳リゾートっていうくらいなので子供連れやグループ向けではあるけれど,一人とかだったら玉川温泉のほうに泊まってみたいなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です