【ランエボで沖縄3】由布院と別府の温泉巡り

秋田からランエボで向かい4日目,山口から九州へ突入し,湯布院と別府の温泉巡り。大分といえば「とり天」を食す。

9:11 出発

9:48【関門トンネル】

相変わらずのフグの絵

・通行料 150円

9:50<福岡>1616km

ついに九州,やはりいつも3日くらいかかる

由布岳に到達

季節柄か,寂れた山肌。

大分といえば温泉。まずはきれいな湯,湯布院へ。

【由布院 七色の風】

・入浴料 600円

無色透明で温泉ぽくはない。露天,サウナ,流れる風呂があった。

少し寂れた感じのする由布岳がいい眺め。アメニティはリンスinのシャンプー,そして弱いドライヤー。

由布院から,硫黄臭い別府温泉へ。

いつか地獄めぐりもしてみたいのだが・・・

15:18-16:50【別府温泉 保養ランド】1764km

・入浴料 1050円,ロッカー 100円

2回目。混浴とはいいつつも別々の空間。女性はシャワーキャップをかぶる。混浴は泥がたっぷり,顔には塗っちゃダメらしい。外観はしょぼいが,やはりお風呂は楽しい。地獄とつながっているというが,一体何のことやら・・・。若い人もそれなりにいるが,女性は恥ずかしがっている人も多いようだ。泥は熱いところもあり,場所選びが重要である。タオルは捨てるつもりのほうがいい。

大分といえば「とり天」

17:12【民芸茶屋 あじくら】1774km

・とり天定食 870円

2回目。とにかくボリューム満点のとり天。食っても食ってもまだある。から揚げとは違って,本当に天婦羅。めんつゆにつけて食べるのがやっぱり旨い。

とり天のまとめ

20:24<宮崎県>

20:30-翌4:04 道の駅で車中泊

20090318

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

【九州の温泉】新着!!