【遠野への旅】ジンギスカンと遠野醸造のビール

土曜日午前働いて,1日半の休み。どこまで行けるか,行ってみた。

ぶらぶらと岩手へ向かったら,遠野へたどり着いたので,そこで飲むことにした。

ジンギスカンとカッパと昔話,そんなイメージ。

1100 出発 138097㎞

角館の有名ラーメン店で腹ごしらえ。

1218【自家製麺 伊藤】

1310【道の駅 雫石】88㎞

雫石の鶯宿温泉

1400【ニュー鶯山荘】

1535【道の駅 紫波】140㎞

【道の駅 みやもり】

ここは好きな道の駅の1つ。

わさびソフト

リニューアルした銀河鉄道の壁画

恋人の聖地,めがね橋

日没後はライトアップされる。

というわけで遠野に到着。宿はなかった・・・

【遠野 駐車場】

最大料金はなく,1時間170円,その後30分40円・・・合計1130円だった。

遠野と言えばジンギスカン。有名店は車が必要なほど遠いが,ここは歩いて行ける。

1830【まるまんじんぎす館】

・飲み代 1850円

【シンプルセット】1300円

子羊の肩ロースだが、バジル、クミンのぶつ切りなどもある。

味つけでなく,肉厚で臭みがない。やっぱりジンギスカンはビールに合う。

1900【遠野醸造タップルーム】

・飲み代 2550円

遠野といえばズモナが好きなんだが,遠野醸造もあった。しかもタップルームになっている。

6 tap

【遠野パドロンの素揚げ】650円

ビールに合うやつ

ズモナは遠野のホップ,IBUKIを使っているが,アマリロやシムコーなど一般的なホップ

最後は日本酒を・・・

2030【ちから】

・飲み代 2300円

カウンターはあるが,土曜日の夜は一人客はおらず,やはり一見の一人飲みはきつい・・・

早速お通しを食べながら日本酒をもらう。

わかめのから揚げなんて面白いアテ

島根の十字朝日なんて珍しい酒も

いつかまた遠野へ飲みに来よう。

20201003

【遠野への旅】ジンギスカンと遠野醸造のビール” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

【大曲飲み】

次の記事

東京で遊びまくった,2014年