乳白色の秘湯,乳頭温泉の鶴の湯に宿泊

秋田イチの秘湯,乳頭温泉に宿泊した。

砂利道もある悪路を3kmほど走る。

入口から,風情たっぷり。

1人で本館に宿泊した。

お酒も合わせて10890円だった。

15:20 チェックイン

日帰り温泉の受付もこちらだが,宿泊の際もこちらで受け付け。

はなれ,別館の山の宿などもあるが,

今回はこちらの三号館

木造の風情ある廊下。鍵かけるのが難しい。

六畳一間の部屋で何もせず過ごす贅沢。

テレビも冷蔵庫もない。電波が悪く,wi-fiも電波が悪い。

お茶菓子がまた美味しい。

16時頃,早速1回目の風呂。白色の濁った温泉は男女混浴の露天。撮影禁止とめっちゃ書いてあるのに,温泉の中にまでカメラを持ち込む人も・・・

川沿いで,休憩

秘湯ビール620円。田沢湖ビールです。ややアンバーエールに近いのか?

三号館の隣に二号館があって,ヤカンに水があるし,くつろげるスペース。

温泉あがったら・・・一休み

18時 夕食

向かいの本陣6号,7号です。

番号札が置いてあるところに勝手に座る。

いぶり大根,いぶり人参,ミズの漬物がシャキシャキ。きくなめこも優しい味付け,ミズの炒め物もあり,ぜんまいがまた旨い。山の幸たっぷり。

アルミホイルを開くと鶏肉の乗る野菜サラダ。枝豆とメロンも。

とりあえずビールを大瓶でいただく。秘湯ビールはさっき飲んだからね。

そこにある囲炉裏で焼いているイワナの塩焼き

奥に見えるのが,こまち団子。

こちらが名物の山の芋鍋。

甘口の秀よしを,もっきりでもらう。

おいしょ~,って声をかけるオジサンの雰囲気がいい。

囲炉裏にぶら下がる山の芋鍋はおかわり自由です。

あまりにお腹いっぱいで,一人客はみなさん1時間くらいで食事終わってましたが,1時間半ほどゆったりと飲む。

暗い夜,二度目の温泉へ。かなり人数が増えている。暗いので女性も入りやすそう。

内湯の黒湯と白湯にも浸かってみる。とにかく汗が噴き出る。

本当に何もせず,寝る。

6時 起床

朝食は7時から8時半。席はどこでもいいらしい。

漬物、もやしのナムル、茄子の煮浸し、自家製豆腐、甘露煮、とろろ

夕食も朝食も,山の幸たっぷり。

3回目の朝風呂。

10時までにチェックアウトできるが,9時にチェックアウト。

20200822

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です