ディープな佐渡飲み 再び

佐渡にお別れをする時間が近づいてきた・・・

・・・

「俺,佐渡に残るわ・・・」

友人に告げ,まずはじゃらんで宿を予約。前日宿泊したゲストハウスは7000円と高額なので,老舗旅館にした。そしてジェットフォイルを翌日の便に変更した。友人を見送る。

1700【金沢屋旅館】

素泊まり 4900円

今さっき予約したので,まだ準備ができてないよ!と言われ,

大丈夫です!飲みに行ってくるんで!と築200年というこの風情溢れる旅館に,

荷物だけ置いて旅に出る。もう,宿の人に会うことはなかった・・・

飲み屋まで1㎞

散歩

神社があるとついつい世界平和を願ってしまいます。

今日も橋を渡って,

ディープな両津の飲み屋街へ

まずは散歩して当たりをつけ,軽くカフェでも寄ってみよう。

1748【カフェよつば】

若いマスターさんのカフェ。酒も飲める。

ヒューガルデン,軽いつまみにピクルスをもらう。

こっからが本番。まずはウワサはかねがね・・・

1810【りんか亭】

飲み代 4070円

個性的なママさんは,なぜかカウンターにいる。女性店員が多く,カジュアルな感じだ。聞いていたのと違う気もしたが・・・。

ジャポネール、北雪とジンジャエール、お通し 揚げ浸し

バドミントンの話とかダッフィーの話とか,なんか色々していたら,

酒もあるよ,と

天領杯の雅楽代(うたしろ)、佐渡の五百万石

酸味があってキレるような

刺身970円

佐渡の真鯛、銀ジャケ,ふぐ,まぐろ、平目

え・・・めっちゃ旨い。

金鶴の澤木道、本醸造、昨日も飲んだけどやっぱり馴染むわぁ

北雪、ワンカップ

メモ帳があったので色々書いてきました。

三次会は,ここも早く閉まるから行っといで,と

2000【睡蓮】

飲み代 1350円

一見って感じの店ではなかったかな。

天領杯と、お通し3種、イカの煮物、数の子の酒粕、

カウンターに座っていた常連さんは帰り,

カレー麻婆を頼んでみたのだが,料理を作る方がとてもダルそうで・・・

やっぱりここかな(笑)

2115【おんでこ】

飲み代 1900円

昨日会った江戸っ子はもう飲みに行っちゃったみたいで,また別の常連さんがいて,

また,クセのあーる感じ。こういうのが楽しいんですよね~

息も絶え絶え,もう5次会か・・・

【タロー】

気になっていた漢の料理

焼酎のボトルが並ぶなか,日本酒を頼んだ気がする。

すみません,浅漬けは残しました。多分。

飲んでいたら,昨日飲んだ「しらつゆ」の店員さんもいらっしゃって,昨日は話せなくて残念でした。

〆にチャーハンなんて頼んじゃいました。浅漬けは残しました。

楽しかった佐渡。また来てねと言ってくれる暖かい人たち。

20年ぶりの佐渡は,大人になって酒も飲めるようになり,ディープを堪能することができました。

また20年後にでも来るのだろうか,その頃は既に50代・・・

きっとこの世にいないかもしれないし,

約束は守りたいので,また来ます!とは約束しなかったけど,

また来たい。でも,まだ見ぬ酒場がある限り,飲み続ける。

旅館はなかなか怖い雰囲気でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

横手飲み計画