妙高 新潟と長野の県境に流れ落ちる名瀑【苗名滝】

自然を満喫する旅には外せない滝。妙高高原の温泉に浸かった後に訪れてみた。ゆっくり回って1時間,なかなか冒険でした。

広い駐車場があるが,もっと近い駐車場もあった。

日本の滝100選,徒歩15分らしい

吊橋を渡る。

大雨の後なので水は汚れてしまっている・・・

高台から振り返る。

苔の生えた岩などの合間を散策していく

こんなところに小林一茶が落書きをしているようだ。

さぁ,滝が見えてきたところで最後の吊橋を渡る

うーむ,凄い色だ・・・。ちょっと走って9分で到着。

滝が流れ出る,この岩間がいい

とりあえず,ひたすら眺める

虫を探したり,苔を眺めていた・・・

吊橋の手前に看板はないが,分かれ道があって,冒険感が増してきた。

丸太みたいのも渡ると・・・

滝壺が見えるほど近づく

また,緑がよく映える

さらに進むとツタの足場から滝を眺めたり

いやぁ,冒険でした。

帰りには

Cafe gland

褐色で濃厚なソフトクリームを!

麦酒も飲めますよ~

クロックスもズボンも汚れました。

心が元気になる旅を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です