【佐藤養助 正心庵】秋田の稲庭うどんと,最高の天ぷらを

秋田のグルメの一つ,稲庭うどんですが,その本館の向かいに稲庭うどんと秋田で指折りの天ぷらを味わえるお店がある。予約して一人で伺った。

アクセス

庭を抜けて店内に入り,大将と向き合うカウンター

季節のおまかせ竹 2500円

先付 イクラと地元のほうれん草と長芋

アスパラ

地元産を存分に使って出される野菜。とても大ぶり。食感を残しつつ揚げる。

椎茸

ほっくりした身の,食材の味が伝わる。天つゆはあっさり。

茄子

油が染み込むのでヤケド注意・・・と言われつつヤケド気味になりました。

山芋

ピッチピチに締めた稲庭うどんはセイロでゴマダレをつけるのも旨い。

キス,おくら

キスは3枚に分かれていて一口で食べやすい。

気づいたことは・・・天紙に油がついていないことだ。

イカ

ウニの大葉巻き,さつまいも

お昼だと一品一品ゆっくり味わえるからいいけど,

お酒を入れてさらに天ぷらの味を引き出すのもいい。

稲庭うどんは「かけ」も選ぶことができる。

(いわゆる羽後の冷やがけとは違うが)

20200530

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です