【大学1年の日帰り大間ドライブ】人生2番目にキツイドライブ

秋田のコロナ警戒レベルが4に引き上げ。これで何が変わるというのだろうか。今まで通り・・・

沖縄,鹿児島,北海道1周・・・今までいろいろなドライブをしてきたけど思い浮かぶ限り辛かったドライブ。色々あるけれどパッと浮かぶのは二つ。写真も残っていないほど昔のドライブだけど・・・

2005年,大学1年のとき,todayというホンダのツードアの軽自動車。親に3万だか5万だかで買ってもらった。1年で見切りをつけてランエボを買ったんだが・・・

そのtodayで最も辛いドライブといえば大間ドライブ。青森の最北端,本州最北端。

金のない大学時代,高速道路も使わずに下道で大間まで行く。

今google mapで調べると片道320km, 6時間とのことだが。もっとかかったような。

なんとか日帰りで帰るために出発した時間は午前0時。

午前0時に男4人で集合しようとしたところ,全く連絡がとれない彼が約1名。電話しても電話しても・・・連絡がつかず,仕方ないので別の人を誘ったら「行けるよ~」ってなことで夜中0時にもかかわらず,拉致して行く。

連絡のつかない彼は・・・お風呂で寝ていたらしい(笑)

秋田から青森を越えるためには十和田湖の周辺を通るのだが,ここが下道の悪いところ,なんとも山道を越えていくが,初心者運転のボク,山道で酔って途中で吐くために駐車したり,ただのドライブが大冒険であった。

大間に到着して,まぐろ丼を食い,帰る。

そして帰った時間は夜の22時,往復合わせて22時間の旅だったようだ。

そしてそれから部活の飲みに参加する。

あぁ若かりし頃よ。

今はそんなドライブできるだろうか。

もはや夜中0時に呼び出してドライブに付き合ってくれるノリのいい人など,世界のどこを探しても,

いるものか。

これが,人生で2番目に辛かったドライブ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です