【かたくりの花】田沢湖畔の温泉宿一人旅

男鹿,鹿角から八幡平を通り田沢湖へ。

1泊2食 25300円(Go to -8855円),仙北市はプレミアム宿泊券を使うと1枚につき+3000円,ということで2枚使って-16000円。

こちら,なかなかの高級宿。

周辺観光はもちろん田沢湖

田沢湖周辺を観光しようとしたが,はちみつやのカフェ、オラエ(ビール)、観光船,全部やってない。

1500 チェックイン

きのこ茶、りんごせんべい。これこれ,こういうのがいいんだよなぁ。

流石高級宿,案内してくれます。宿泊は2フロアしかなく,それほど部屋数も多くない様子。

【部屋】

もう開けた瞬間,最高ですね。ローベッドが2つ,開放的な窓からは田沢湖を望める。

やっぱり一人用ではないけれど。

時間のあるときはこちらでPCをいじったり。

コンセントが少ないのが残念。

【貸し切り露天】

空いていればいつでも何度でも入れるシステム。

貸し切りなのに座敷とかついてるし。

田沢湖を望みながら浸かる湯。独りでも十分楽しい。

暇だったのでランニング。

5kmほど田沢湖の下へ向けて走ったが,何にもなかった。

やってなかった観光船。

【大浴場】

露天もついている。肌が少し突っ張るような湯。露天もあるが,こちらは田沢湖は見えない。

夕食へ向かう

【夕食】

17時半から,18時にしたが,夕陽に染まる田沢湖を見たければ17時半のほうがよかったかも。

先付け ミズタマ、栗の甘露煮、小魚の甘露煮、もずくの酢の物には数の子、サーモン巻き

昼飲めなかった,湖畔の森のアマビエラベル。950円。

日本酒はボトルばかりだが,飲み比べ2種もある。本日は秀よしと刈穂。

料理と合わせるならスキっとした刈穂だが,やっぱり旨味は秀よし~

椀 じゅんさいと菊が浮かび、エビしんじょうかと思えば鮭しんじょう?バラのよう

照りのいい,お刺身。

秋田の温泉宿だと,どこでもきりたんぽ鍋が出てくるような。

メイン 牛肉だが,すぐ火が通ってサシは少な目。

一口稲庭うどん。稲庭っぽくない気もする。

山菜の炊き込みご飯も美味しかった。

もう後は,ゆったり寝るだけ。

【朝食】

これくらいの朝食がちょうどいいのかも。魚を焼いたりとかそういう演出はないけれど。

もっかい貸し切り露天に浸かって

10時チェックアウト

本日は十文字へゆったり向かう。

20200924

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です