九州最後の夜 大分→福岡 桜前線ドライブ day13

20170413(Thu) 桜前線ドライブday13

走行距離 216km, 運転時間 7.43hr,

大分でとり天を食べ,福岡で飲む

ルート:大分から10号で

750 起床

大分県,佐伯市のさびれた駐車場は,午前9時前に出庫すれば無料、過ぎると500円。

さらに10号を北上

また今日も

910-1236【スタバ】 2543km

サラダラップとドリップは鉄板。なんといってもドリップなら待ち時間がないという。しかも昔は100円でおかわりできたなぁ。

おしゃれなテラスもスタバのいいところ。

大分といえば,とり天!

1315-1355 【東洋軒】

とり天発祥の店。駐車場誘導のおじさんがコミカルだった。有名らしい(笑)

・とり天定食

10分ほどで二階に案内され、メニューみると、あぁ、中華料理屋なんだ、と。

普通の唐揚げかな?ゆず味のタレと辛子をつけていただきますが、天ぷら粉メインで、天つゆつけて食べる方が好きだなぁ(^-^;

車中泊の後は,温泉へ。ここは大分,湯布院か別府か・・・この前湯布院行ったから,今度は別府。別府といえば保養ランドの泥湯が面白くて好きなのですが,今回はちゃんとした(?)温泉へ。

1420-1450 【竹瓦温泉】 2562km

・入浴料100円

昔からある,伝統的,有名なお風呂でとっても古いですが,とっても気持ちいいです。

せっけん、シャンプーなし、浴槽のお湯を汲んで流す、シャワーなどなし、コインロッカー100円有料、駐車場は30分100円だが、奥の駐車場は60分100円、砂風呂もあり、無色無臭、ドライヤーは1台しかなく,有料なので,クルマでドライヤー(アルハイは便利!)

1600-1750 コンビニで仮眠

大分から,九州最後の夜は福岡,博多,中洲の近くの春吉に向かいます。

2020 春吉のパーキング 2706km

まずはそこらの居酒屋で腹ごしらえ

2040-2115 【とめ手羽】

手羽、明太子の天ぷらなど九州らしいもの

2120-2230 【るたん】

インレッド紹介してくれたいい人がいるところ。お礼に訪れた。

川が見えて、とてもおしゃれ。明太子とポテトのアヒージョおいしかった!

【インレッド】

氷叩くゲーム、トランプとサイコロのゲームしてから、極ゼロをめっちゃ飲んで、めっちゃ高くなった…

2540- 【博多一幸舎】

外はすごく豚骨臭い、替え玉一回して、

これが九州最後の夜

コインパーキングで車中泊

九州最後の夜 大分→福岡 桜前線ドライブ day13” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

秋田→新潟ドライブ

次の記事

福岡飲み